芸軌社株式会社
RSS 2.0

芸軌社公式ブログ

2013年9月23日(月)23:47(+0900)

秋分の日=イラン暦7月(メフル月)1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋分の日の今日は、イラン暦の7月(メフル月)1日。

最近、ペルシア語をかじっていることもあり、イランの文化に興味があります。イランでは、西暦(グレゴリオ暦)、イスラム暦(ヒジュラ暦)、イラン暦という三種類の暦が使われており、イラン暦が公式の暦となっています。

イラン暦は、春分の日を新年、つまり1月1日とする暦。春分の日が新年ということは、秋分の日は一年の折り返し地点、つまり7月1日になるわけで、今日がまさにその7月(メフル月)1日というわけです。

ところで地球の公転軌道は、夏至付近を遠日点、冬至付近を近日点としているので、春分→秋分の日数(約186日)のほうが秋分→春分の日数(約179日)よりも多くなっています。で、この春分→秋分の186日の日数は、31×6=186とちょうど6で割りきれるので、イラン暦の前半の1~6月はいずれもひと月が31日になります。一方、後半は7~11月はひと月30日、12月は平年29日、閏年30日で、179~180日となっています。

イラン暦はひと月31日の月が1~6月にかたまっている、という話自体は以前どこかで見たのですが、これは春分→秋分の日数が秋分→春分の日数よりも多く、かつ186日という6で割りきれる日数であるためということになります。さらに、春分→秋分の日数のほうが多いというのは、地球の公転軌道が楕円軌道だという事実に由来しているわけで、そう考えると宇宙のスケールというものを感じます。

なお、イラン暦はゾロアスター教にその起源を持ち、古代よりイラン(ペルシャ)で使われてきた暦ですが、具体的な暦法をほぼ現在のような形にしたのは最近このブログでよく紹介しているオマル・ハイヤームだとされています。

ところで、春分→秋分の日数は約186日と書きましたが、厳密には186日強です。ということは、今年は秋分の日がイラン暦の7月1日だけど、年によっては秋分の日がぎりぎり7月2日になることもあるのかな? ふと気になりましたが、勉強不足でまだよく分かっていません(汗)

固定リンク

2013年9月23日(月)

自然科学,暦,イラン,イラン暦