芸軌社株式会社
RSS 2.0

芸軌社公式ブログ

2013年9月04日(水)23:00(+0900)

オマル・ハイヤームのルバイヤート(酒を飲め、麗しき女と)

このエントリーをはてなブックマークに追加
さあ、ハイヤームよ、酒に酔って、
オマル・ハイヤームのルバイヤートより。

今回もオマル・ハイヤームの四行詩集(ルバイヤート)の紹介です。今回は冒頭の画像に挙げた以下の詩。

さあ、ハイヤームよ、酒に酔って、
チューリップのような美女によろこべ。
世の終局は虚無に帰する。
よろこべ、ないはずのものがあると思って。
(小川亮作訳、出典:青空文庫

拙訳による短歌も載せます。

酒を飲め
うるわしきと戯れよ
すべて無に帰す浮世にあれば

この詩は、ハイヤームの詩の中で恐らく最も有名であろうものの一つ。岩波文庫の「原文対照 古典のことば」では、ハイヤームのルバイヤートからはこの詩が選ばれています。

また、ネット上でもこの詩を描いた画像が比較的容易に見つかります。とりあえず「رباعیات خیام」(ハイヤームのルバイヤート)で検索したところ、以下のようなものが見つかりました。(この詩は、二行目の「チューリップのような美女(لاله‌رخی)」が「月のような美女(ماه‌رخی / ﻡﺍﻫﺮﺧی)」になっているものもあります。)

ついでに、詩の一行目「 خیام اگر ز باده مستی خوش باش」(さあ、ハイヤームよ、酒に酔って、)で検索して見つけたものは以下のとおり。

なお、以前もこの詩の画像を探して検索したことがあるのですが、その時見つからず今回見つけたものも、その時見つけたけど今回見つからなかったものもあります。当然のことですがネットの世界も日々動いています。

酒を飲め、麗しき女と戯れよ

ということで、今回も冒頭に掲げた詩の紹介です。

まずはアラビア文字(ペルシア文字)、発音(ローマ字、カタカナ)を載せます。

خیام اگر ز باده مستی خوش باش
با لاله‌رخی اگر نشستی خوش باش
چون عاقبت کار جهان نیستی است
انگار که نیستی چو هستی خوش باش
khayyām, agar ze bāde mastī, khosh bāsh;
bā lāle-rokhī agar neshastī, khosh bāsh;
chon `āghebat-e kār-e jahān nīstī ast,
engār ke nīstī, cho hastī khosh bāsh.
ハイヤーム、アギャル ゼ バーデ マスティー、ホシュ バーシュ;
バー ラーレロヒー アギャル ネシャスティー、ホシュ バーシュ;
チョン アーゲバテ カーレ ジャハーン ニースティー アスト、
エンガール ケ ニースティー、チョ ハスティー ホシュ バーシュ。

以下に、単語の解説を逐語訳とともに載せます。

خیام اگر ز باده مستی خوش باش
khayyām, agar ze bāde mastī, khosh bāsh;
ハイヤーム、アギャル ゼ バーデ マスティー、ホシュ バーシュ;
ハイヤームよ、もし酒(bāde)に酔(mast)っているなら、楽しく(khosh)あれ。
khayyām《人名》ハイヤーム。agar《接続詞》(agar ~)もし~なら。ze(=az)《前置詞》~から、~によって。bāde 酒。mastī お前は酔っている(mast 酔った、-ī お前は~だ)。khosh よく、楽しく。bāsh《命令形》~であれ。
با لاله‌رخی اگر نشستی خوش باش
bā lāle-rokhī agar neshastī, khosh bāsh;
バー ラーレロヒー アギャル ネシャスティー、ホシュ バーシュ;
チューリップのような美女(lāle-rokhī)とともに座した(neshastī)なら、楽しく(khosh)あれ。
bā《前置詞》~と共に、いっしょに。lāle-rokhī チューリップのような顔の美女(lāle チューリップ、rokh 顔、-ī(抽象名詞化語尾))。neshastī《二人称単数過去》お前は座した。
※لاله‌رخی(lāle-rokhī)がماه‌رخی(māh-rokhī/月のような美女)となっている場合がある。
چون عاقبت کار جهان نیستی است
chon `āghebat-e kār-e jahān nīstī ast,
チョン アーゲバテ カーレ ジャハーン ニースティー アスト。
世界の業の結末(`āghebat-e kār-e jahān)は無(nīstī)であるのだから。
chon 《接続詞》(chon ~)~なので、~だから。`āghebat 結果、結末。-e《接辞(エザーフェ)》「A-e B」で「BのA」。kār 仕事、業務、作用。jahān 世界、世間。nīstī 無。ast《三人称単数現在》~である。
انگار که نیستی چو هستی خوش باش
engār ke nīstī cho hastī, khosh bāsh.
エンガール ケ ニースティー チョ ハスティー、ホシュ バーシュ。
無(nīstī)が有(hastī)であるかのように、楽しく(khosh)あれ。
engār《副詞》まるで~かのように。ke《接続詞》(ke ~)~ということ。cho(=chon)《接続詞》(cho ~)~のように。hastī 有。

今回の詩は、以下の動画で4:53頃から朗読されています。

また、「チューリップのような美女」が「月のような美女」となっているものが、以下の冒頭で朗読されています。

固定リンク

2013年9月04日(水)

人文科学,文学,オマル・ハイヤーム,ペルシア語