芸軌社株式会社
RSS 2.0

芸軌社公式ブログ

2012年12月13日(木)17:15(+0900)

【Falak Designs】いろは歌Tシャツ、近日発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
【Falak Designs】いろは歌Tシャツ
【Falak Designs】いろは歌Tシャツ

芸軌社ウェブショップにて、【Falak Designs】いろは歌Tシャツの販売を近日開始致します。

仮名のいろは順として古くから親しまれているいろは歌。いろは歌は、仏教的な無常観を詠んだ歌だとされています。

仮名47文字をそれぞれ一度だけ使って作られたいろは歌の全文は、

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

のような七五調の歌となっています。これは漢字仮名交じり文で

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

のように書け、現代語に訳すと、概ね以下のような意味になります。

花は色鮮やかに咲き香るが いずれ散ってしまう
この世でいったい誰が 永遠の存在でいられよう
森羅万象の起こる奥山を 今越えてゆこう
浅い夢を見ず 酔いに身をまかせもせず

前半の「色は匂へど~常ならむ」は、比較的容易に理解可能でしょう。一方で、後半の「有為の奥山~酔ひもせず」はやや難解で、様々な解釈があるようですが、世の無情を理解した先にある悟りの境地を言い表したものと理解して良いでしょう。

いろは歌の由来については諸説がありますが、一般には『涅槃経』にある

諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽

という句を意訳したものだとされています。