芸軌社株式会社
RSS 2.0

芸軌社公式ブログ

2012年11月25日(日)23:20(+0900)

三江線宇都井駅 INAKAイルミ@おおなん2012

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇都井駅ホームから眺める「INAKAイルミ」
宇都井駅ホームから眺める「INAKAイルミ」。

昨日(11月24日土曜日)は、三江線宇都井駅(島根県邑南町)に「INAKAイルミ」を見に行きました。「INAKAイルミ」は一昨年から毎年この時期に行われている宇都井駅とその周辺のイルミネーションです。私は一昨年このイルミネーションを見に行き、また行こうと思いつつ昨年は行きそびれてしまい、行くのは今回が二回目になります。

三次駅で発車を待つ三江線の単行ディーゼルカー
芸備線で三次まで行き、三江線に乗り換え。

24日の午前中は阿武山登山に行き、宇都井へは午後に出発。まずは安芸矢口駅から芸備線の列車で三次へ行き、三次で三江線に乗り換え。

宇都井駅に向かう三江線のディーゼルカー車内
宇都井駅に向かう三江線のディーゼルカー車内。

三江線の列車は、それなりにお客が乗っていました。乗客には宇都井駅が目的地の方も多かったのですが、宇都井より手前で下車・宇都井の先まで乗車される通常(?)の乗客の方もそれなりにおられました。今まで三江線に乗る時は貸切状態のことが多かったので、繁盛している三江線を見れたのは嬉しかったです。

夕暮れの三江線を行く
夕暮れの三江線を行く。

なお、今回の宇都井駅訪問は、三次16時56分発→宇都井18:00着の列車で行き、宇都井19時13分発→三次20時17分着の列車で帰る、というものです。宇都井駅での滞在時間は1時間少々ですが、三次から宇都井まで行く一本前の列車は午前中の列車で、宇都井駅から三次に戻る列車もこれが終電。広島から訪問する場合はこの行程がほぼ唯一の可能な行程となります。(但し、宇都井駅の5kmほど手前の口羽駅行きの列車が15時10分口羽着であるので、口羽までそれで行って口羽から宇都井まで歩くという手もありかもです。)

日没後の三江線を行く
日没後の三江線を行く。

24日はあいにくの小雨の降る天気。11月末で日が短いということもあって、三次駅を発車した時点で既にかなり薄暗く、途中であたりは真っ暗になりました。列車は途中で何人かの乗客を降ろし、また何人かの乗客を乗せ、口羽駅で宇都井駅に向かう乗客を大量に乗せ宇都井へと向かいます。

宇都井駅に到着。イルミネーションが出迎える。
宇都井駅に到着。イルミネーションが出迎える。

トンネルに挟まれた高架駅の宇都井にさしかかると、すぐにイルミネーションが出迎えてくれます。一昨年に見た懐かしの光のオブジェ。但し、今年は一昨年に見た時よりもややパワーアップしているようです。

宇都井駅の階段の人だかり
宇都井駅の階段の人だかり。

宇都井駅は、高架の上のホームも大混雑。いつもは人気のない駅構内も活気にあふれています。

宇都井駅の階段を降りる
宇都井駅の階段を降りる。

宇都井駅は地上かなり高い場所にホームがありますが、エレベーター等はもちろん(?)無く、地上へはひたすら階段を降りていきます。昼でも薄暗くやや不気味な階段ですが、今宵は人が多いという安心感(?)もあって、純粋に幻想的な雰囲気が感じられます。

階段の途中から宇都井駅を見上げる
階段の途中から宇都井駅を見上げる。

階段の途中には、三江線を写した写真なども飾られていましたが、今回は滞在時間が(イルミ会場の出店とかを巡ることを考えると)短いので、階段を降りることのほうを優先しました(汗)

地上より宇都井駅ホームを望む
地上より宇都井駅ホームを望む。

宇都井駅は全体が青色に淡くライトアップされ、幻想的な雰囲気。お天気のほうは相変わらず小雨が降っていますが、かまわず傘無しでイルミネーションを巡ることに。

地上のイルミネーション群
地上のイルミネーション群

地上のイルミネーション群。左手のテント状のオブジェは一昨年にもあって懐かしく思いました。光の稲は一昨年には無く、パワーアップしています。

地上のオブジェと宇都井駅
地上のオブジェと宇都井駅。

地上からライトアップされた宇都井駅を望む。

イルミマン
イルミマン。

灯りのついたコート(?)を纏い、宇都井のイルミネーションを歩き回るおじさん。道行く人から「イルミマン」と呼ばれていました。「イルミマン」というのはどうやら正式名称(?)のようです。

光の稲の中を歩くイルミマン
光の稲の中を歩くイルミマン

光の稲の中を歩くイルミマン。何となく映画版ナウシカのラストシーンを連想しました。

光の稲
光の稲。

光の稲は、光ファイバー的なものでできていました。

イルミネーションとイルミマン
イルミネーションとイルミマン。

イルミネーションの中を歩くイルミマン。

イルミマンは近くで見ると普通のおじさん(?)ですが、少し離れると人の輪郭だけが動いているように見え、非日常的な雰囲気を醸し出しています。

INAKAイルミの屋台
INAKAイルミの屋台。

INAKAイルミには屋台も出てます。駅近くの屋台では、ビールと坦々麺を買って「夕食その1」としました。

橋の上に集うイルミマン
橋の上に集うイルミマン。

イルミネーションを先に進むと、イルミマンが橋の上に集っていました。集っていた理由は不明(汗)

宇都井駅遠景
宇都井駅遠景。

宇都井駅を遠方から望む。集落の奥のほうまでイルミネーションが続いています。

おにマン
おにマン。

イルミネーションの一番奥のほうにいた、神楽風のゆるキャラ。後に得た情報によると、「おにマン」という名前らしい。

猪の串焼きとカップ酒
猪の串焼きとカップ酒。

イルミネーションの奥にある集会場付近にももう一つ屋台があります。ここで猪の串焼き、鮎の串焼きとカップ酒で「夕食その2」としました。カップ酒は加糖の普通酒でしたが、屋台とかには上級なお酒よりむしろ似合ってるかもです。但しやはり悪酔いはしやすいようで、2カップ飲むと翌朝はかなりしんどかったです(^^;

集落の奥から宇都井駅を望む
集落の奥から宇都井駅を望む

奥の屋台で夕食その2を終えると、そろそろ帰りの列車の時刻が迫ってきました。

宇都井駅遠望
宇都井駅遠望

とりあえず宇都井駅の方向へと戻ります。

道を歩くイルミマン
道を歩くイルミマン。

奥の屋台にいた頃は一時雨足が強くなっていましたが、宇都井駅へと戻る頃には雨もほとんどやんでいました。

川の中のオブジェ
川の中のオブジェ。

川の中にもオブジェがあります。このオブジェの付近は流れに小さな段差があり、青い光に照らされた水しぶきもきれいでした。

屋台と宇都井駅
屋台と宇都井駅。

駅近くの屋台まで帰還。ここで「夕食その3」(汗)として鯵の寿司を買いました。

宇都井駅の階段
宇都井駅の階段。

宇都井駅まで帰還。

宇都井駅ホームからイルミネーションを望む
宇都井駅ホームからイルミネーションを望む。

再びホームの上から望むイルミネーション。

程なく、三次方面の列車がやって来ました。

宇都井駅で列車に乗り込む人々
宇都井駅で列車に乗り込む人々。

これが三次方面の終電。列車内は立ち客もいる混雑。

鯵の寿司と「誉池月」
鯵の寿司と「誉池月」

口羽駅でかなりの乗客が降車し、以降三次まではそれなりに余裕のある車内になりました。三次に着くまでの間、宇都井で夕食その3として買った鯵の寿司とカップ酒を味わいました。宇都井の屋台でも飲んだカップ酒は、「誉池月」という邑南町のお酒です。

三次駅に到着した三江線の終電
三次駅に到着した三江線の終電。

三次駅まで帰ってきました。ここから芸備線で広島に帰還。

午後10時頃の安芸矢口駅
午後10時頃の安芸矢口駅。

10時少し前に、今日の出発駅の安芸矢口駅に帰還。宇都井駅のINAKAイルミ、また行ってみたいです♪