芸軌社株式会社
RSS 2.0

芸軌社公式ブログ

2013年3月3日(日)19:54(+0900)

OpenGL 2.0/OpenGL ES 2.0のPC/Android対応サンプルを作ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年3月4日修正

自分自身のメモ用も兼ねて、OpenGL ES 2.0のAndroid用サンプルコードをPC(Ubuntu Linux)用のOpenGL 2.0コードにしてみました。何かの参考になれば幸いです。

コンパイルオプションをつけることにより、同じソースでAndroidでも動きます。また、GLSLによるプログラマブルシェーダを使わないOpenGL 1.xにも無駄に対応しています(なお、Androidでプログラマブルシェーダ使用版/不使用版を動かすには、それぞれJava側でOpenGL ESのバージョンを2または1にしてやる必要があります)。

ソースコードは以下のとおり。android-ndkのサンプルコード「hello-gl2」のgl_code.cppを元に、言語をC++からC言語に変えています。Androidで動かす場合は、gl_code.cppの代わりに以下のファイルを使い、Android.mkを少し書き換える(後述)ことで動きます。PCで動かす場合はこのままコンパイルできます(Ubuntuの場合、freeglut3-devやlibglew-dev等をインストールしておく必要があります。Windowsでは動作未確認です)。

2013年1月23日(水)00:43(+0900)

GPUの性能(OpenGLによる3D地形グラフィックver0.05)

このエントリーをはてなブックマークに追加
OpenGLによる3D鏡山越え(Ver0.05)
OpenGLによる3D鏡山越え(Ver0.05)

以前の日記「OpenGLで3D鏡山越え(Ver0.01)」で紹介したOpenGLでの鏡山越え3Dですが、その後プログラムをいろいろと書き換え、バージョン0.05と称してバージョン0.01に比べ1桁強の描写スピードの向上が実現しました。手持ちのノートパソコン(Intel Celeron CPU B830 @ 1.80GHz × 2、内蔵GPU)で十分な精度での描写を行った場合、描写速度はv0.01の4fpsに対しv0.05は60fpsと、約15倍になっています。

2013年1月13日(日)01:05(+0900)

新春初詣~七福神めぐり~

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

今日はひろしまきもの遊びさんの「2013新春きもので初詣~七福神めぐり~」に参加しました。広島駅北側の二葉の里の神社仏閣にある七福神を訪ねるもので、ほぼ雲ひとつ無い快晴の下、新年の幸せを願いつつ快適なウォーキングができました♪

今日のルートは概ね上の地図に示したとおり。広島駅からまずは一番西の饒津神社(恵比須天)に行き、それから東へ明星院(毘沙門天)、鶴羽根神社(弁財天)、広島東照宮(福禄寿)、尾長天満宮(寿老人)、国前寺(大黒天)、聖光寺(布袋尊)と廻りました。

2013年1月07日(月)02:59(+0900)

上根峠と旧々道ほか(安芸高田市八千代町)

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

昨日の根野飛行場の続きで、今回は上根峠周辺の訪問記です。

上の地図で示しているΩ型の曲がりくねったルートが上根峠の旧道で、Ω型の部分が峠にあたります。南西から伸びている根の谷川(瀬戸内海側)沿いの谷がここで北西に方向を変え、旧道がΩループを描く必要があるような大きな段差を経て簸ノ川(日本海側)沿いの平地になっています。

上根峠は、広島県の中でも特に南側まで日本海側の水系が食い込んでいる場所ですが、かつては更に南側まで日本海側の水系だったようです。現在よりも長かった簸ノ川はその分水量も多く、それが現在の八千代町の比較的広い平野部を形成することになりました。しかし、その後南側から根の谷川が侵食谷を伸ばしていき、ついには現在の上根峠より南側を簸ノ川から奪い取り、現在目にするような上根峠の地形ができたようです。

2013年1月05日(土)23:37(+0900)

根野飛行場(安芸高田市八千代町下根)

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。今年も芸軌社株式会社をよろしくお願い致します。

今日は、安芸高田市八千代町の上根周辺に行きました。主な目的は、上根峠と根野飛行場です。

中国地方において、日本海側と瀬戸内海側の分水嶺は原則として中国山地、すなわち山陽と山陰の県境ですが、広島県においては日本海にそそぐ江の川が中国山地をすり抜けて県境の南側にまで伸びており、広島県内の相当な領域が日本海側の水系に属しています。広島市から安芸高田市に入ってすぐの場所にある上根峠は、日本海側と瀬戸内海側を分ける分水嶺のひとつになっています。

上根峠には、近くの八千代町下根にあったという根野飛行場とあわせて興味があったのですが、このお正月に親の実家に行った時に見てみた「高田郡史」で上根峠や根野飛行場についてより詳しい情報を知ることができ、是非行ってみようということで行ってみました。

今回はまずは根野飛行場についてです。なお、後に述べる事情により、今回は根野飛行場そのものは探索し損ねています(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加