芸軌社株式会社
RSS 2.0

芸軌社公式ブログ

2014年3月25日(火)23:49(+0900)

万葉集の読み上げ動画と、その作成における若干の問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、万葉集の第一巻の読み上げ動画を作成しました。

以上は、万葉集の「通常の」読み上げです。ただし、後に示すように何をもって「通常の」読み上げとするかには、やや問題があります。

また、上代日本語の推定音での読み上げも作ってみました。

「上代日本語の推定音」と言うと何だか難しそうですが、実際のところは通常の読み上げより簡単です。上代日本語の具体的な発音については諸説ありますが、その中のどの説を 採用するかを決めてしまえば、あとは「書いてあるとおり」に読めば良いだけだからです。

万葉集の「通常の」読み方

万葉集の「通常の」読み上げを作るにあたっては、具体的な発音をどうするかでやや悩みました。

固定リンク

2014年3月25日(火)

万葉集,上代日本語,歴史的仮名遣い

2014年3月24日(月)15:03(+0900)

Processingでゲーム作成 その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、「Processing(プロセッシング)」について、ゲームを作成しつつ解説していきます。以下に、ゆっくり解説動画とその内容の文章を載せます。

Processingというのは、プログラミング言語および、プログラミング開発環境の一種で、初心者でも簡単にプログラミングが可能だとされています。ここでは、上のような、色のついたパネルをクリックする、一種のモグラたたき的なゲームを作ってみることにします。このゲームは、30から40行くらいのプログラムでできています。

固定リンク

2014年3月24日(月)

Processing,プログラミング,スケッチ,ゲーム作成

2013年12月22日(日)00:55(+0900)

古代から現代までの日本語音での百人一首ランダム読み上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、小倉百人一首を昔の日本語の発音で詠んでみたらどういう感じだろう、できれば百人一首のカルタを昔の日本語の発音でしてみたい、と思ってました。で、それを実現すべく、このところはyoutubeに昔の日本語の発音での百人一首ランダム読み上げをちょくちょくupしていました。

さて、この度、前回の日記「いろは歌で追う日本語の音変化の歴史」で紹介した各時代(古代、上代、前期中古、後期中古、前期中世、後期中世、近世、現代)について、百人一首のランダム読み上げをyoutubeにひととおりupしたので、ここでも紹介することにします。

2013年10月24日(木)23:31(+0900)

いろは歌で追う日本語の音変化の歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、やや以前に作った、日本語の音変化についての動画も兼ね、日本語の音変化の歴史について、いろは歌を例に追ってみます。

固定リンク

2013年10月24日(木)

いろは歌,百人一首,日本語,歴史

2013年10月2日(水)23:23(+0900)

神無月、あるいは葉月

このエントリーをはてなブックマークに追加

一日遅れましたが、昨日から10月です。

10月の異称は「神無月」。この月名の由来については諸説あるようですが、俗説として最も有名なのは、日本中の神様が出雲に集っていなくなるから「神の無い月」で、出雲では10月を「神有月」と呼ぶ、というもの。この説が実際の神無月の由来である可能性は低いようですが、出雲に近い安芸の国に住む者としては、なかなか興味深い説だと思っています。

ところで、今日が10月、すなわち「神無月」であるのは新暦でであって、旧暦では今日は8月、すなわち「葉月」です。今日は旧暦では8月28日で、今週の土曜日からは9月になるので、ギリギリ8月といった感じですが、旧暦の8月はそもそもは「秋分を含む月」。秋分から約10日後の今日は、年によっては9月になることもありますが、平均的に見れば8月のことが多いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加